こんにちは。

道口です。

道口の実践ブログということで今回は【デジタルストレートパーマ】

デジタルストレートパーマといっても悩みは人それぞれ・・

今回は【根元のクセは嫌だけど毛先に動きがほしい】

そんな悩みのお客様です。

ブログ画像
全体的にクセがあり、まとまりが悪い状態です。

ブログ画像
まずはダメージやクセの強さで薬の選定をしストレートにします。
これだけでかなりまとまりのある髪になります。
今回はこのまま毛先にデジタルパーマをかけていきます。

ブログ画像
ロッドを巻いた感じです。
この後、ロッドを温めて毛先に動きをつけていきます。

ブログ画像流して乾かしただけの仕上がりがコレです!
根元のクセは無くなりデジタルパーマをかけたことによって
毛先のみに動きがでました。

【根元のクセは嫌だけど毛先に動きがほしい】
このようなお悩みの方もデジタルストレートパーマで動きのあるストレートができます。
同じような悩みがある方はまずは気軽に相談からでもおまちしてます。

AD

まだまだ乾燥する季節

テーマ:
こんにちは。

まだまだ乾燥していて髪の毛がまとまりにくい、お肌がカサカサな日が続いております‥

ブログ画像
特にお風呂上がりの乾燥度合いがものすごいです‥

この乾燥で頭皮が痒くなったりもします。
 
特にこの時期はシャワーの温度に気をつけて頂きたいのです。

ブログ画像
適温は38℃~40℃です。

実は41℃をこえると皮膚や頭皮の油分は持っていかれるそうです‥

頭皮が土壌と考えれば乾燥した荒地に健康な髪の毛は生えてこない‥

まずは家でできることから。
それでもダメなら美容師さんに相談です。

ヘッドスパで頭皮をスッキリさせて潤いを与えるコトもできるのです!

知ってるようで知らない豆知識
美容のことで疑問に思うこと気軽にお尋ね下さい!

ブログ画像
MELANGE
道口昭一

AD

ボブのあれこれその3

テーマ:
こんにちは。

MELANGE道口です。

今回はボブのオーダー方法を。

ボブと言っても色々な種類があって迷っちゃいます。

ブログ画像
今回はオーダーの時のポイントをいくつか。

【可愛い感じにしたい場合】
顔周りの髪が、短いヘアスタイル。
有名人で言ったら
鈴木菜々さん・新垣結衣さんなどです。

オーダーの時は、「顔周りが短く」「えりあしが顔周りより長く」などをポイントに伝えてもらえれば大丈夫です。


【カッコイイ感じにしたい場合】
顔周りがえりあしよりも長いヘアスタイル。
スッキリな印象が良くてえりあしがボテっと重い感じが嫌な方にオススメです。
水原希子さん・ちょっと前の中谷美紀さんなどです。

オーダーの時は、「えりあしはスッキリ」「前下がり」などをポイントに伝えてもらえれば大丈夫です。


【ナチュラルで少しモードな感じにしたい場合】
えりあしと顔周りが同じ長さのヘアスタイルです。
・吉田洋さん・木村佳乃さんなどです。

オーダーの時は、「はねない長さ」「ワンレンボブ」「手入れがしやすい」などをポイントに伝えてもらえれば大丈夫です。


これらのポイントをおさえて美容師さんとスタイルの相談しましょう!

道口昭一

AD

ボブのあれこれその2

テーマ:
こんにちは。

MELANGE道口です。

今回はボブの失敗談を。
ボブにして【幼くなった】【イメージと違う】という失敗談が多いです。

ブログ画像
・前髪が短い。
・髪色が黒染めもしくは地毛の黒。

といった方は、幼くなりやすいのです。

幼さをなくすには、
【ヘアカラーして髪に重さをなくす。】
【前髪を伸ばす。】
【前髪をななめに流す。】※少し長さが必要かもです。
【パーマで少し動きをだす。】
などで解消されます。

幼くなるから抵抗がという方、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか?

道口昭一

ボブのあれこれ

テーマ:
こんにちは。

MELANGE道口です。

ボブは日本人に似合いやすく、まとまりもよいので、定番な髪型です。
そんなボブにも実は【キュート】【クール】【ナチュラル】の3大要素をつくることが出来るんです。

今回はボブの三大要素をご紹介します。

キュートなボブは【前上がりボブ】

ブログ画像
クールなボブは【前下がりボブ】

ブログ画像
ナチュラルなボブは【平行ボブ】

ブログ画像
ただのボブでも実は色々あります。
まずは自分のなりたい要素のボブを一緒に見つけましょう!


道口昭一


良い技術と良い製品で!

テーマ:
こんにちは道口です。
メランジでは技術はもちろん製品にもこだわります。

ブログ画像
今回は新しいストレートの薬の勉強会。

ブログ画像
みんな真剣。

ブログ画像
聞くだけではわからないので実際に施術をしながら新しい製品をためします。

こうして営業終了後、みんなで勉強会をするのです。
美容業界は常に技術製品共により良く進化し続けています!