ママの笑顔が一番♡HAPPYに楽しい人生を切り開こう!!~母学コーチング・カラーセラピー・ぬりえセラピー・カラット診断〜

カラーぬりえセラピーで今の自分を知る!
母学コーチングで「子どもの本音を引き出す♡」
カラット診断士・カラーセラピスト・母学コーチがお伝え致します♪<東京葛西>


テーマ:

~カラーセラピーで今の自分を知り、母学コーチングで子どもの本音を引き出そう!~

 

こんにちは。

 

母学コーチの鈴木陽子(HARUKO)です。

 

先週末、息子の小学校の講演会に出席しました。

(アンビリーバボーにも出演された腰塚勇人さん)

 

~ドリー夢メーカーと今を生きる~

命の授業 腰塚 勇人さん

 

素晴らしい講演会でしたので、シェアしたいと思いますキラキラ

 

腰塚勇人先生は元、中学校の体育教師、

バスケットボールの顧問

をはじめとして、使徒たちの教育・指導に一生懸命打ちこむ「熱血教師」でした。

 

そんなある日、人生を大きく変える出来ことが起こります。

 

スキーの事故で首の骨を骨折という大けがをしました。

「一生、寝たきり」と宣告され、

 自殺未遂までするところまで追い込まれました。

そこから家族や先生、生徒、病院のお医者さんや看護師さんの応援と

励ましを受けて、心も再び動き始めます。

 


奇跡の物語。

 


九死に一生を得ました。

 

入院生活やリハビリでは紆余曲折を経ながら、自分の命があらゆるものに

「助けられ、生かされている」ことに気づきました。

 

その気づきをきっかけとして、奇跡的にも回復に向かい、4カ月の入院・リハビリの後

、職場復帰を果たすことができたのです。

この間、腰塚先生の見方・考え方・感じ方は大きく変わりました。

 


そして人生も一変しました。

 


手術・入院・リハビリ・復帰後と一つひとつのプロセスを経ながら、自分を受け止め

受け入れ、歩みを進めそしてありがとうの日々へ。

 

入院中ずーと思い続け、やり続けたこと


それは・・・


今の全てを受け入れ、その全てに自分が責任を負い全てに感謝をする」ということでした。

 

誰がなんと言おうと「最後に自分を守って大切にしてあげられるのは自分自身

だと気がつきました。

 

そして「自分自身を大切にできたとき、周りの人々をも大切にでき、全てに感謝できるようになっていく

のだと気づいたそうです。

 


さらに、先生として職場に復帰すると誓った瞬間

まずやると決めたことは、どんな小さなことにも

「ありがとう」と言うことでした。

 


それから

「ありがとう」を言い続けていたら

「ありがとうを言いたくなるような幸せな出来事」が起きはじめたそうです。

 

入院中一人で頑張って、苦しんでいて

家族、友人、看護師の方々、周りのみんなから

 

「頑張って」

 

っと、言ってくれた。

 

自分としてはもう十分頑張っていた 


これ以上頑張れなかった。

 

そんな時、看護師さんからの言葉

「私にできることは何でもしますから、我慢しないで言って下さいね」

 

その言葉を聞いて一気に力が抜けたそうです。

 

「頑張って」ではなく

「一緒に頑張ろう」って


この“一緒に”の言葉が腰塚先生の心を変えたのですね。

 

 

 腰塚さんは教壇に戻られる前に5つの誓いをしました。

 

{FE87C9D5-91CE-48FC-94F6-C038B7E48A8C}

 

 

 

 

◆口は人を励ます言葉や

感謝の言葉を言うために使おう。

 

◆耳は人の言葉を最後まで

聴いてあげるために使おう。

 

◆目は人のよいところを

見るために使おう。

 

◆手足は人を助けるために

使おう。

 

◆心は人の痛みがわかるために

使おう。

 

~「5つの誓い」より~

 

とても心にしみる言葉ですね。

 

 

私も息子に「頑張って」と言わないようにしています。

 

息子は毎日十分頑張っている。

 

塾の宿題でやる気が出ないとき、

 

一緒にお母さんと頑張ろう♡」

 

と、声をかけています笑顔

(息子の隣に私も座ります)

 

すると息子は

 

「うん!」

 

と落ち着いた表情に変わるんです。

 

一緒に頑張ろう

 

いい言葉ですね♡

 

 

また

 

腰塚さんは入院中

傾聴の大切さを学んだそうです。

 

傾聴とは、「耳を傾けて熱心に話を聞くこと」

相手の気持ちに寄り添って、注意深く共感的に「聴く」ことを意味します。

 

傾聴とはコーチングの基本。

 

そこで大切になるのが、「自分の本心や考えをジャッジしないで

まず全部話しを聴いてくれる人の存在」です。

 

腰塚さんにとって、その存在が奥様だったそうです。

 

すると自分の本当にしたいことに気づき。発見できる環境が作られます。

奥さんがとても聴き上手な方だったそうです。

 

自分の気持ちを聴いてもらえたら

気持ちがスッキリするし、

やる気が出てくるんですよね。

 

腰塚先生も

「コミュニケーションはキャッチボール」

と、講演会で言っていました。

 

「会話はキャッチボール」

私も息子、夫、周り皆んなの聴き上手になるようこれからも意識していきたい。

 

大切ですね♡

 

そして

 

弱っているときは

一人で悩むのではなく

「助けて!」と弱音を吐いて

助けてもらっていいのですと言っていました。

 

その替わり、

次は自分が誰かを助ける。

 

「助けて」と周囲の人に素直に言うということ。

 

「苦しい時は助けて欲しいって言っていいんだ」

 

「自分は誰かの何かを照らす存在である」

 

という腰塚先生の言葉。

 

胸が温かくなりました。

 

これからは周りの人のためにも、自分自身のためにも、困ってるいるときには

素直に「助けて」言えるような勇気を持ちたい。

 

また

 

人の放つ一言が、人生をどうにでも変えてします。

言葉は人を救うことでもある。

マイナスの言葉は、人の意欲を失わせ、人を傷つけるだけでなく命まで奪ってしまう。

 

だから言葉は丁寧に使おう。

言葉をちゃんと選んで丁寧に使おう。

 

感動とは感じたら動くこと。

 

人の心を暗くする「ドリームキラー」ではなく、人を元気にできる「ドリームメーカー」に

なってほしいという腰塚先生のお言葉。

 

とても心に響きました。

 

 

さらに腰塚先生は

 

どんな時も笑顔で感謝の気持ちと共に生きようと決心しました。

 

 

感動こそが人の心を動かせる

 

常に笑顔でいることで自分も周りも嬉しくなる。

 

気持ちが変われば行動が変わる。

 

笑顔をつくるようにすることで、

「行動を変えることで気持ちを変えることができる」。

 

「すべては自分が源。」

 

「欲すればまず与えよ」。

 

人を振り向かせ、協力をお願いするなら

「自分がその人たちにとって魅力的な人間と思ってもらえるかどうか」

です。

 

それは

 

「相手を変えるのではなく、自分が変わること」でした。

 

本当にその通りですね。

 

私も毎日感謝して生活していきたい。

 


多くのことを学んだ素敵な講演会でした。

(涙が止まりませんでした)

 


今日は、腰塚先生のお言葉から書かせていただきました。

 


腰塚勇人さんの本。

こちらの本にも少し載っています。

 


とても為になる講演会で

小2息子も一時間真剣に聴いていました。

 

 

このような機会を作って下さり、ありがとうございました。

 

 

感謝の言葉の大切さ

を学んだ一日でしたハート

 

 


母学コーチ・カラーセラピスト

鈴木 陽子

 


母学コーチング

https://haha-gaku.com/coaching/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~カラーセラピーで今の自分を知り、母学コーチングで子どもの本音を引き出そう!~

 

こんにちは。

 

母学コーチの鈴木陽子(HARUKO)です。

 

私がコーチングを学ぼうと思ったのは

 

母学アカデミーの特別レッスンに入ったのが

きっかけでした。

 

息子が年長の三学期に

母学アカデミーの特別レッスンに入り

河村京子先生のもとで母学を1年間学びました。

母学アカデミー

 

お母さんの子育て軸(自己基盤)や

生産と消費のワーク

氷山の一角理、見えてることはほんの一部ということ。

 

30年後のわが子を考え、

 

その姿をイメージする。

 

など・・・♡

 

そこで

 

なぜコーチングを

 

学ぼうと思ったのか?

 

image

 

それは

 

母学特別レッッスンに入会する直後

河村京子先生の出版記念講演会に出席しました。

 

2年前の話。素敵な講演会でしたありがちなキラキラ

 

その本は「お金のこと子供にきちんと教えられますか?」

こちらです。

 

 

さらに

 

講演会後はアフタヌーンティーへハート

 

河村京子先生と他2名の方と

御一緒させていただきました。

(河村京子先生のメルマガでアスタヌーティーの招待があり、抽選で当たったのです♪)

 

そこで河村京子先生から子育ての話を沢山伺いました。

 

その時、感じたのですドキドキ

 

先生と会話をしてると、なんと気持ちが良いのだろう・・

否定しない、指示しない、自分の意見を押し付けない・・

 

「大丈夫よ~」と常に前向き。

 

先生と話して良かった。先生の話は分かりやすい。

 

また先生と話したい・・・ 

 

そんな風に感じました。

 

そう、河村京子先生は会話の中でコーチングスキルを使って

自然とコーチングスキルが身についているんです!!

 

コーチングを使うとこんなにも違うんだ~と

 

強く実感しましたキラキラ

 

 

「大丈夫よ~」その一言で

人って、前向きに元気になれるんですよね♡

 

 

私の両親は厳しい人でした。

 

常に命令口調、何か言えば否定する。

子どもの話を聞かないで

自分の意見を尊重する人。

 

だから

 

私は母親のようになりたくない。

息子には私と同じ思いをさせたくない・・

 

先生のようにコミュニケーション上手になりたい♡

 

と強く思うようになったのです。

 

皆さんもコミュニケーションが上手な人を見て

「あの人みたいになりたい♡」

 

とそう思ったことがありませんか?

 

また

 

子供または人と話している時、こんなことありませんか?

 

○相手の悩みを(話し)聴いているうちに自分の意見を言ってしまった・・

○子供の言う事を批判したら、もういい!と言って何も話してこなくなった・・

○携帯をいじりながら子供の話を聴いていやな顔をされた・・

○相手が話しているのに、話題を変えてしまった・・

 

以前の私、全部やっていました・・・汗

恥ずかしい・・涙

 

それから

 

子ども時代、母親から言われた言葉で

 

傷ついたことありませんでしたか?

 

(私はありました)

 

そんな言い方しなくても~怒

 

と思うことがただただありました。

 

気づいたら、息子にも厳しいことを言ってしまったり・・

 

息子の言ったことを否定してしまったり・・・

 

そんな風に言ってしまう自分を変えたかったんですありがちなキラキラ

 

コーチングを使って対話すると

 

親子の信頼関係がより良くなり

 

コーチングスキルの中にある大切なヒントは

 

周りの方達とのコミュニケーションをより円滑にしてくれます。

 

 

親が変われば

 

子ども変わるハート

 

 

 

私が変われば

 

夫も変わる!

 

 

そう

 

自分が変われば

 

相手も変わる。

 

 

私は、実感していますハート

 


例えば、

 

友人(知ってる人)

 

周りの人から

 

「こんにちは~!」

 

「お疲れ様です!」

 

と笑顔で気持ち良く挨拶されたら

 

気分がいいですよね!

 


反対に

 

ブスっと無表情な顔で

 

「おはようございます・・」

 

「こんにちは・・」

 

と、ぶっきら棒に小さな声で挨拶されたら

 

なんか感じ悪いな・・・怒

 

と思いませんか?

 

自分も無表情で返してしまうかも。。

(私だけかな汗

 

どうでしょう~?

 

自分の

 

心を変えれば

 

態度も変わる

 

 

あなたも

 

コーチングマインドと

 

コミュニケーションスキルで

 

親子の信頼関係を

 

築いていきませんか?

 

 

今からでも遅くないです♡

 

 

私はコーチングを学んでこう変わりました笑顔

 

☆命令・否定の言葉は使わなくなりました。

☆子どもへの指示もなくなります。

☆自分のことを客観的に見れる。

☆やりたいことが明確になった。
☆新しい気づきが得られる。
☆子どもがどんどん話してくれるようになった。

☆前向きな言葉かけができるようになった。

image

 

コーチングは良好な人間関係を育む

 

コミュニケーションではないでしょうかキラキラ

 

さらに

 

子どもが自分の「今」の状況に気づいて

 

これからもっと良くなるために

 

「何が」できるかを、自分で考え

 

自分で行動を起こせるようになるんです。

 

 

これからも

 

息子のコーチとなって

 

やる気を引き出し、目標達成を目指します!!

 

 

様々な事にチャレンジする勇気

 

を持って欲しいですね星

 

 

子どもの成長はあっという間

 

今しかない子育てを

 

この時間を大切に

 

今の時間を楽しみませんか?

 

 

母学コーチングとは?

 

 

▽こちらもお役に立ちます♡

母学コーチングメルマガお申込み 

 

コーチングスキルをここで手に入れましょう!!

 

 

母学コーチ/カラーセラピスト

鈴木 陽子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~カラーセラピーで今の自分を知り、母学コーチングで子どもの本音を引き出そう!~

 

母学コーチの鈴木陽子(HARUKO)です。

 

母学アカデミー特別レッスンの卒業生です。

http://haha-gaku.com/

 

 

母学コーチンング入門編

「聞き上手になれば子どもが話し上手になる」

「子どもが心を開く質問のコツ」

「子どもが自分で気づいて行動する方法」

3講座同時開催しました♡

 

 
{DAA0063A-C291-4829-BBDF-C0123F6EE28B}
 
母学コーチング入門編3講座を受けていただくと、コーチングの基本が一日で学べます星
 
コーチングとは?
コーチはクライアントの目標に向かって対話によって、クライアントの気づき自発的行動を促す。
サポートする。お母さんが伴走者となり、継続して目標達成(解決)を目指します!
 
 
母学コーチングの場合
コーチ→お母さん
クライアント→子ども
 
 
みなさん、普段お子さんへの言葉かけ、どうしていますか?
 
 
「〜しなさい!」と言ってしまう方、
毎日忙しくて、イライラしちゃう!という方、
 
 
実は多いのです!!
 
 
私もそうでした。
 
 
以前の私は
子どもに、ちょっと待ってね、後でね。
 
自分の思い通りに進まないとイライラ・・・
「早く食べなさい!」と毎日言っていました。
 
 
みなさん、お子さんの話しに耳を傾けていますか?
 
私は子どもの気持ちを聴いてるようで聴いてなかったんですね。
 
しかし、母学コーチングを学んで変わりました!!
 
 
今は、感情的にならず、
落ち着いて、笑顔で、
子どもの話しを聴いてあげられるようになりました。
息子との対話が楽しいです♡
 

 

そんなお母さんになれますハート

 

 
 
最初の一歩、この入門編で
皆さんと子育ての悩みを共有したり、
解決方法を一緒に考えたりしませんか?
 
 
コーチングを知ってる”か“知らない”かそれだけで
子どもへの接し方が随分変わってくると思います。 私が実感していますハート
 
 

こんな方におススメですハート

□つい、子どもを怒ってしまう。

□子育てに悩んでる。

□子どもに命令口調「〜しなさい!」と言ってしまう。

□つい子どもを否定してしまう。
□「早く!早く!」と言ってしまう。

□子どもに何と言えばいいかのか、分からない人。
□つい子どもに指示をしてしまう・・。
□子どもの本音を引き出したいと思ってる。

 

 

母学コーチングを学ぶとハート

○子どもの話し、気持ちを聴いてあげられるようになる。
○子育ての不安がなくなる
○目標に向かって具体的な行動に移しやすい
○自分のことを客観的に見れる。(自分も子どもの大事にできる)

○子ども自身が気づいていない気づきを引き出し、自分で考え行動を起こせるようになる。

○子どもの自己肯定感が高くなる。
○~しなさい!と命令しなくなります。
○お母さんの質問力がつきます。

 

 

先ず大切なのは、

コーチングの基本、認める・聴くです。

“子どもの話し”“子供の気持ち”をきちんと聴いてあげること。

 

 

入門編では、

傾聴ができるようになるポイントを

分かりやすくお伝えします。

 

そのうえ、質問スキルにフィードバックスキル。

理解が深まるよう、ロールプレイングを通して実践していただきますキラキラ

 

体感していただくと・・・

 

「子どもの話しを聴いてるようで、全然聴いていなかった・・」

と沢山気づくことがありますキラキラ

 

気づくことが大切♡

 

お母さんが変われば子供も変わる

 

 

忙しいとつい、

受け止めることをしないで

 

ちょっと待ってね。

 

後でね。。

 

など多く使ってしまいますよね。

 

 

でも大丈夫です!!

 

 

この入門編で学んだことを実践していただくと、親子の信頼関係が生まれドキドキ

子どもが自分で考え行動に移せるようになります。

 

子どもの親離れはあっという間、

今しかない子育てを楽しんでみませんか?

 

 

一緒にコミュニケーションスキルをここで手に入れましょう♡

 

 

 

 ご参加いただいた方からのご感想です☆

 

○今日のセミナーであなたの子育てに関する考え方は変わりましたか? 

言葉かけは大事だという認識がありましたが、より具体的に
やり方、言い方を知ることができて、実際使ってみるのが楽しみなりました。

 

 

やっぱりまずは笑顔でいることが大事だな、と思いました。
沢山話しを聴いてあげたいし、話したいと思われる人でありたいです。

 

 
親の言葉かけひとつで子どもはどのようにも伸びていけるのだなと感じました。

 

○セミナーに参加する前に悩んでいたこと、疑問に思っていたことは解決されましたか?

自分の為に聞くばかりで、相手の為に聞くが足りなかったです。
これから実践してスキルを身につけていきたいです。
子どもにあなたが大好きよ、興味があるよ、を沢山伝えたいです。

 

○ご感想
ロールプレイは苦手でしたが、実際やってみてより理解が深まりました。
一気に3講座を受けさせてもらい、子どもに対応する時の幅が
広がりそうで嬉しいです。今日はありがとうございました!

 

 

○ご感想
やっぱり「聞き上手」を受けて良かったです!
これが基本のところなんだなと改めて感じました!

 

 

○ご感想
スキルを使って話す、使わないで話す、両方をワークすることで
聴く人の態度で全然気持ちが変わるのを実感できました。
 
ご受講いただきありがとうございました♡
子供との関係をより良くしたい!
お子さんと真剣に向き合う様子に、私も精一杯お伝えしました‼︎
素敵なご縁に感謝いたします。
 
 
これから沢山の子育てママさんに伝えていきたい♪と思っています♡

 

次回の入門編3講座は、2/24(土)→残1席です!
 
3/17(土)開催します。
詳しい詳細
 
 
特典:カラーセラピー体験できますTCカラーボトル
好評です♡
image
 

 

コーチングスキルなど、母学コーチングのメルマガでもご紹介しています。母学コーチングメルマガお申込み

絶対にお役に立ちます!!

 

 

コミュニケーションスキルを学んで

親子の信頼関係を築きましょうハート

 

 

母学コーチ・カラーセラピスト

鈴木 陽子

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~カラーセラピーで今の自分を知り、母学コーチングで子どもの本音を引き出そう!~

 


母学コーチの鈴木陽子(HARUKO)です。

 

前から気になっていた

朝日学生新聞社の「朝小活用教室」「入門編」に息子と一緒に参加しました。
 
朝日小学生新聞を使ったスクラップや書き写しを実際に体験し、やり方を学んできましたよ!
 
{A5FBE5BF-2865-462A-9CCB-00E1A99C6B7D}
 
覚えておきたい新聞記事の特徴は下記の通り
 
☆ニュース(起こったこと)の記事は「説明的な文章」。
☆コラムなどは、物語文のような「自由な発想の文章」。
 
ニュース記事には5W1Hが入っている。
「だれが」Who
「いつ」When
「どこで」Where
「なにを」What
「なぜ」Why
「どのように」How
 
5W1Hが新聞記事にはしっかり盛り込まれています。
 
そのため新聞の記事は分かりやすく書いてあるそうです。
 
小学生の皆さんには是非音読をおススメします!と仰っていました。
 
なぜなら
音読は、目で見て頭の中にインプットした文章を声に出して口からアウトプットし、さらに耳で音声として再認識します。
記憶力アップに繋がる。
 
記事の中でおすすめの音読は
ニュースあれこれや天声こども語。
(小学1、2年生の場合)

 

 
早速、小さな記事を使った活用方法を教えて頂きました。
 
ブルック写真日記と、朝小ミニ図鑑がおすすめ!

 

{F88E7666-1097-4225-AB1E-A73FBFFE5E86}

 

このように

 

{B0862374-195C-4B64-AA7C-7225963971A6}

記事に出てくる場所を地図で調べたり、分からない言葉を調べたりします。

 

最後に自分の思ったことを自由に感想を書く。

 

 

下記のノートも購入しましたキラキラ
{022580D1-ECA0-48E0-9409-E3706F66AB3F}
 
{B30842A2-3DE3-46BF-BD87-67B0EE3D76FB}
 
毎日チャレンジしたいですね♪

 

そして、ここからコーチング。

 

ニュース記事で出てきた5W1H。

 
母学コーチング入門編、「子どもが心を開く質問のコツ」で
5W1Hを使った質問のコツをお伝えしています!
 
「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのように」
 
といった言葉を使って質問します。
 
5W1Hを使った質問は、はい・いいえで答えられない質問。
オープンクエスチョンと言って
会話を広げる質問。会話のキャッチボールが続きます。
 
大人の方にも使えるスキルです。
 
詳しくは入門編の「子どもが心を開く質問のコツ」でお伝えします!!
 

子どもとの普段の会話でコーチングを取り入れてみませんか?

コーチングを実践するようになると、子どもとの会話が楽しくなり、子どもとの信頼関係が深まりますハート

 

お母さんの質問によって、子供は自分で考える習慣がついてきます。

 

一緒に母学コーチングを学んでみませんかビックリマーク

カラーセラピーも体験できますTCカラーボトル

 

 

こんな方におススメですハート

□つい、子どもを怒ってしまう。

□子育てに悩んでる。

□子どもに命令口調「〜しなさい!」と言ってしまう。

□つい否定言葉を言ってしまう。

□子どもの本音を引き出したいと思ってる

□子どもに何と言えばいいかのか、分からない人

 

 

母学コーチングを学ぶとハート

○子育ての不安がなくなる
○目標に向かって具体的な行動に移しやすい
○自分のことを客観的に見れる。(自分も子どもの大事にできる)

○子ども自身が気づいていない気づきを引き出し、自分で考え行動を起こせるようになる。

○自己肯定感が高くなる。

 

 

コーチングスキルを学ぶと

子育ての不安がなくりますよハート

 

 

私もコーチングを学ぶ前は、イライラ・・息子によく命令口調で言っていました。

その時は反省しますが、次の日もまた「~しなさい!」

 

でもコーチングを学んでからは、怒る回数も減り、

命令・否定の言葉は使わなくなりました!

 

 

コーチングスキルを知ることは、コミュニケーションの方法を知ることでもありますはーと

 

 

親子関係がグッと良くなりますハート

 

 

 

母学コーチングを学んで、対話上手になりましょう

 

image

 

お申込みはこちらです

http://haha-gaku.com/coaching_app/

 

 1月27日、2月24日開催は満席となりました。

ありがとうございます。

また、キャンセル待ちは受付中です。

 

 

次回は、3月17日(土)に開催致します。

詳しい開催場所はこちらです。

 

コミュニケーションスキルをここで手に入れましょう!!

 

 

母学コーチングを学んで、対話上手になろう!!

 

 

 

母学コーチ・カラーセラピスト

鈴木陽子(HARUKO)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~カラーセラピーで今の自分を知り、母学コーチングで子どもの本音を引き出そう!~

 

こんにちは。

母学コーチの鈴木陽子(HARUKO)です。

 

今日は新月ですね。

 

新月の日に願い事をすると叶いやすいと言われています。

 

夜、息子と一緒に願い事を書いて、お互いに発表したいと思います笑顔

過去完了形で書くと願いが実現するしやすいそうですよ♪

 


ところで

日常の中でこんなことありませんか?

 

「子どもが自ら進んで勉強してくれない・・」

 

「脱いだ服は脱ぎっぱなし・・」

 

「リビングに、ランドセル置きっぱなし」

 

こんな時、どんな言葉かけをしていますか?

 

私はコーチングを学んでからは厳しく命令したり、怒らないよう意識しています。

 


子どもへのマイナス言葉は百害あって一利なし。

 


小2息子は整理整頓が苦手です・・・

 

中でも多いのは、物の出しっぱなし。

 

元の場所に戻さないんです汗

 

今年からこれらを徹底的に毎日意識するよう声かけし、

毎日の目標は整理整頓を心掛けています。

 

 

「ランドセルは何処に置いたらいいかな?」

 

「脱いだ服はどうするんだっけ?」

 

大体ここで気づいて行動するのですが、

息子は机の上の物も出しっぱなしが多いのです。

 

・鉛筆削り

・えんぴつ

・消しゴム

・ドリル

・問題集

 

おまけに、問題集を解き終わったらページを開きっぱなしのまま

すぐ椅子から立ってしまうのです汗

 

息子には毎日

具体的に戻す場所を確認しています。

 

だんだん自分から気づくようになり笑顔

 

今朝は洗濯物を自分から畳んでタンスの中へ入れていました。

 

ここは褒めポイント↑

 

「自分からよくやったね!」

 

すると息子はニコニコご満悦。

 

それだけで子どものやる気スイッチは入りますキラキラ

 

今日のテーマ「ほめ言葉」

 

 

コツは具体的にほめる。

 

毎日の宿題、子どもが全く取りかからない場合、ガミガミ言いたくなりますよね?

 

私もそうでした。

 

息子は宿題の方はすぐ終わらせるのですが、

毎日の課題は私が声かけをしないと、取りかからなかったりする時も・・

 

そんな時は、

「お母さんと一緒にやろうか↑」と楽しく声かけしたり、

 

自分から机に向かい、少しでも宿題をやる素振りを見せたら

 

やる気になったことを、肯定的な言葉で伝えています。

 

勉強が終わったら、

「約束通りできたね。お母さん嬉しいよ」

 


お母さんの認める・肯定する言葉がやる気アップに繋がりますキラキラ

 

子供のできている部分を認めてから、できない部分について目標を設けてみるといいでしょう。

 

 

 

反対にできなかった時は、なんでやってないの?とは言わず

別の声かけをしてみましょう。

 

「じゃあ休憩してから、10分後に始められるかな?」

 

息子は先週入塾テストを受け

来月から塾に行くことになりました。

そのテストで算数が良い点数でした。

 

私は、

「この図形難しい問題だったけど、二つともできてたね!!

「先生もすごいねーと褒めていたよ!


息子 

「やっぱり国語より、算数が得意なんだよね~」

 

ニコニコとても嬉しそうでした。

 


計算問題では、ケアレスミスが一問ありました。

 

塾の先生:「惜しかったね」

「筆算で縦の列がずれていたから計算間違いしてしまったんだね。」

 

このケアレスミス塾の先生が言っていましたが

日常生活の中で、身の回りの整理整頓や普段の行いがちゃんとできているか

と比例するそうです。

 

靴はちゃんと揃える。

いただきます、ごちそうさまをちゃんと言えているか?

 

そこに自分から気づく人は、ケアレスミスも少ないそうです。

 

息子は整理整頓が苦手なので、今徹底的に教えています。

 

そして


当たり前にできてることにプラスの声かけを増やしていくことも大切です

 

普段の生活の中で、お子さんに感謝の言葉を多く使ってみませんか?

 

「食器を運んでくれてありがとう」

「今日も靴揃えてて偉いね」

「自分から進んで机に向かって偉いね。」

「学校のプリント忘れずに見せてくれてありがとう」。

 

そうすると子供は褒められた時と同じような気持ちになりますよ笑顔

 

普段から前向きな言葉かけを心掛けてみましょう♪

 

「ありがとう」

「助かるよ」

 

上記の言葉は親に共感されている、受け入れられている

ということを、子どもは実感できます。

 

コーチングの認める・聞く・受け止めるです。

 

これらは子供の自肯定感をアップさせ、心の安定に繋がります。

 


また日常でこんな言葉かけも

 

「算数の問題全部終わったの!すごいね」


「集中して本読んでいたね」

 

「算数よくできてたね。なんでこんなにできるの?」→ちょっと大げさに 笑

「国語も算数と同じように頑張れば、できるようになるんじゃない↑

 

息子は国語の文章問題が苦手?

 

女の子は本の世界に入り込んで読むそうです。

 

女の子の方が国語は得意な子が多いと聞きました。

 

人の気持ちとは?問題に出てきますね、

 

息子は本の世界、文章の世界に入り込めないみたいで。。

第三者として読んでしまうのかな?

 

今後の課題にしていこうと思っています!

 

苦手な勉強にも目を向けてくれるようになってくれたら嬉しいですね。

 

 

子供の自肯定感をアップ・心の安定の秘訣は

入門編の「聞き上手になれば子どもが話し上手になる」で詳しくお伝えします!!

 

 

母学コーチング入門編は

「聞き上手になれば子どもが話し上手になる」

「子どもが心を開く質問のコツ」

「子どもが自分で気づいて行動する方法」

の3講座になります。

 

皆さんも母学コーチングを学んで

お子さんとの信頼関係を築いていきませんか?

 

お子さんへの具体的な言葉かけ、ヒントが満載です!!

 

 

ご参加下さった方からこんな感想を頂いていますハート

○期待以上に勉強できました!
○とても楽しかったです。認める・聴くの大切さを知りました。
○有意義な時間をありがとうございました。不満を提案に変えるがすごく良いことを知りました。
○コーチングで更に子育てが楽しくなりそうです。
○家族と合流してからすぐ実践しています。言葉を変えるだけで、相手からのリアクションが全然違います。

 家族が変わっていくのが手に取るように分かり、こちらまで嬉しくなりました!

 ありがとうございました。

 


母学コーチングを学ぶとハート

○子育ての不安がなくなる
○目標に向かって具体的な行動に移しやすい
○自分のことを客観的に見れる。(自分も子どもの大事にできる)

○子ども自身が気づいていない気づきを引き出し、自分で考え行動を起こせるようになる。

○自己肯定感が高くなる。

 

 

質問の仕方など、詳しくは母学コーチングのメルマガでもご紹介しています。母学コーチングメルマガお申込み

絶対にお役に立ちます!!

 

 

お子さんへ

肯定的な言葉かけができるよう♡

 
 
皆さんの悩みが解決できるよう
お手伝いが出来たら幸いです笑顔

 


コミュニケーションスキルをここで手に入れましょう!!

 


母学コーチング

http://haha-gaku.com/coaching/

 

 


母学コーチ/カラーセラピスト

鈴木 陽子

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。