のぶのぶのブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

2日目は静岡の私鉄を西から東へ乗り継ぐ。

 

最初は「天竜浜名湖鉄道」だ。「新所原(しんじょはら)」駅までJRで向かい乗り換える。

 

待っていたのは、新潟トランシス製のTH2100型だ。

朝の通勤通学時間なので新所原駅で沢山降りたのだが列車に乗ったのは私ぐらい。

 

予定では、西鹿島駅で遠州鉄道に乗り換え往復することにしていたが、

時刻表を確認すると、天竜二俣駅まで行っても、時間的に余裕があるので変更した。

 

相変わらず一番後ろに座ったので、掛川駅から新所原駅への回想となる。

 

「掛川」駅はとんがり屋根の駅舎だ。ホームの反対側はJRのホームとなっている。

 

出発して、東海道線に沿って走って行く。そして右へカーブする。

 

「掛川市役所前」駅手前は、菜の花が綺麗だった。

 

3駅目は「桜木」駅、プラットフォームと駅舎が有形文化財だ。

 

「いこいの広場」駅、「細谷」駅付近は3kmぐらい長い直線になっている。

 

「原野谷川橋梁」 と 「太田川橋梁」 はどちらも有形文化財(鉄道遺産)だ。

 

森の石松の「遠州森」駅、「遠見一宮」駅も有形文化財だ。

一宮の小國神社までは、送迎バスが走っているようだ。

 

次の「敷地」駅との間には大きな茶畑が広がっていて、三川茶と書いてあった。

 

天竜川に近づくきトンネルで山を越える。

 

着いた処は「天竜二俣」駅だ。天浜線最大の駅になる。

 

昭和15年製のホームは時間が止まっているし、転車台と機関庫も残っている。

 

国鉄二俣線時代はSLが走っていて、駅前にはC58が保存されている。

煙室扉ハンドルが無いのは、チョット残念だ。

 

次の二俣本町駅の先のトンネルを抜けた処で、

 

「天竜川橋梁」を渡る。同橋梁は三連トラスで古いが、並行する国道の橋も美しい。

調べると「鹿島橋」という昭和12(1937)年製の静岡県土木遺産で、

現存する戦前最大スパンの上曲弦カンチレバートラス橋だった。

 

 

西鹿島駅は遠州鉄道との乗り換え駅にしては片側ホームの小さな駅だ。

新所原側の階段で地下道で乗り換えや出入り口に行き、駅舎は遠州鉄道と共用だ。

 

その後、台地を西へ向かい、柑橘の里だけあって「フルーツパーク」という駅もある。

 

「都田」駅には、木製の改札口が残っていて、「金指」駅のホーム屋根も古い。

金指駅の北西が大河ドラマ「おんな城主直虎」の里の「井伊谷」がある。

 

2つ先の「気賀」駅も古いホームが残っている。駅前は直虎の土産物屋だ。

反対側には、大河ドラマ館が出来ていて、観光客が多かった。

 

戦国時代には、気賀の辺りは浜名湖が奥まで入り込んでいたようだ。

江戸時代には「姫街道」という「東海道の裏街道」があった。

 

従って、天竜二俣近くの二俣城は、街道の要衝の地に建てられていた。

今は奥浜名湖はさびれているが、昔は人馬の往来があったようだ。

 

「西気賀」駅の手前で浜名湖が見えてくる。湖面はとても静かだ。

 

2つ先の「浜名湖佐久米」駅は、湖に面した駅、高速道路が湖上を走っているのが残念。

 

都築地区で山に入るが、また湖岸を走り「三ヶ日」駅に到着。

 

ミカンの産地だけあって、山側の奥の方までみかん畑になってくる。

 

左は海、右はみかん畑という景色の中を走って行く。

「知波田」駅で湖は終わりとなり、終点「新所原」駅に到着する。

 

なかなか面白い路線だが、もう少し湖沿いを走る場所があると楽しいかも。

 

 

車輛は、基本的にTH2100型だが、

 

1台だけTH9200型(宝くじ号)が走っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

長良川鉄道は全長72.1km、郡上八幡駅までは46.9kmと3分の2となる。

 

残り3分の1は観光地が少ない為か乗客は乗り鉄ぐらいだ。

長良川とも少し距離があり、初春の景色は今一という処かな。

 

しかし、3駅先の徳永までは長良川を左に見て走る。

 

郡上八幡駅を出て50㎞あたりでは左カーブで長々と川面を楽しむことが出来る。

 

次の山田駅との中間の52㎞付近でも川が間近かとなる。

この先には「杉ケ瀬ヤナ」があり、シーズンには郡上アユが楽しめる。

 

川と別れる徳永駅だが、手前に高い煙突があり造り酒屋だろう。

後で調べると、平野醸造http://www.bojo.jp/という蔵で「母情」というお酒だ。

 

徳永駅から先はだんだん谷が拡がって行く。郡上八幡エリアより広い耕地で、

温暖化の時代、水田だらけだ。

 

美濃白鳥駅に到着。あれ運転手がスタフを受け取っている。

終点北濃までの区間はスタフ交換での運用だった。

 

いよいよ最後の区間(6km)だ。

 

白山高原駅あたりから雪が見られ、山影はかなりの残雪があった。

 

北濃(ほくのう)駅到着。

 

終点は枕木が置いてあり、その先は雪だ。

 

山側に手動の転車台が残っていた。昔はC11・C12等を回転させたのだろうか。

 

駅舎は平屋建て、駅前には何もないが駅舎に食堂があった。

 

岐阜県のソウルフード「けいちゃん」を頂いた。おばさんがストーブをつけてくれた。

 

今回は往復したが、次回は新緑の時期に行って見たいものだ。

 

 

乗らなかったが、車両の写真を。

 

観光列車の302号、普通のタイプの305号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京から静岡への新幹線は始発であったので自由席で座れたが、

連休という事で、静岡から名古屋への新幹線の自由席は大変混んでいて指定席にした。

 

名古屋からの「ワイドビューひだ」の指定席にして「美濃太田駅」に到着。

 

改札を出て階段を下りるとホームとなり、そこに切符売り場がある。

 

乗ったのは最新型の「502号」、新潟トランシズ製17m級

 

ロングシートタイプ、なんと車内にトイレが無いのだ。右が終点というか始点。

多くのローカル線に乗っているのだが、1時間以上走る路線でトイレなしは初めて。

 

いつもの通り、戻りの最後尾からの写真の逆戻しで行きます。

 

駅を出ると高山本線に沿って名古屋方向へ戻り、15パーミルの坂を上って行く。

 

台地の上に出ると西北の畑の中を進んで行き、「刃物会館前」駅の前で大きく右へカーブ、

結果90度方向転換して北へ向かう。

 

刃物の町の関駅には車庫があった。美濃市駅を通り梅の花の先の「梅山駅」の先で、

 

長良川のほとりに出て川に沿って北上して行く。

 

母野(はんの)駅、木尾(こんの)駅 という難読駅を過ぎると、

 

「八坂駅」に着く。駅には「日本のまん真ん中の駅」と表示してあった。

日本の人口重力中心の近くにあるので、そう標示したようだ。

 

調べてみると平成2年時点では駅の近くに日本の人口重力中心があったようだ。

首都圏の一極集中の進展で東南東へ移動しているので今は離れている。

 

長良川の美しい景色が増えてくる。

 

長良川第3橋梁、一番川に近い処(深戸駅~相生駅)

 

長良川第5橋梁、右側に見える処(相生駅~郡上八幡駅)

 

郡上八幡駅に到着し、殆どの乗客が降りてしまった。(501号)

 

その2に続く。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。