メールフォーム(直接連絡を取りたい方はこちらから)
・麻雀コラム(コラム一覧
 ⇒『新・多面張理論』(多面張の手牌の効率的な認知方法)
 ⇒『カウンティング理論』(カジノ攻略法は麻雀攻略法となりうるか?)
 ⇒『シャンテン数理論』(見落としがちな牌理の基礎)
 ⇒『賭博との適切な付き合い』(『賭け麻雀の是非』の続編)
・過去企画
 ⇒『公開対局@天鳳』(ネット上での公開対局の先駆け的企画)
 ⇒『麻雀ラジオ』(世界一マニアックな麻雀トーク番組)
 ⇒『三王戦』(天鳳サンマのタイトル戦創設&運営システムの模索)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年04月27日(木)

中国麻雀(国際公式ルール)のすすめ

テーマ:雑記

ここのところ、時間があれば麻将世界というサイトで中国麻雀(国際公式ルール)を打っています。

 

 

 

最初は中国でのゲームや競技としてのありかたの方に興味があって調べていました。

 

それを簡単に説明すると、

 

・日本よりもはるかにローカルルールが多彩。

・1998年に国体の種目として認定されたのを機に国際公式ルールを制定。(ゲームから頭脳スポーツへ)

・中国麻雀の集大成的なルールだが、それは個々のローカルルールを否定するものではない。

・ルールの特徴として日本麻雀と異なるのはもちろんだが、大きく異なるのは『競技として合理的』であること。(日本の競技麻雀は賭け麻雀からお金のやり取りを抜いただけ。)

・2006年には世界麻将組織という統括組織も設立された。(日本には麻雀を統括する組織は存在しない)

 

ということで、(競技と自称しているだけで競技として機能していない)日本の競技麻雀の改善案の参考になるのではないかと考えていました。

 

 

それから、実際に中国麻雀を経験してみることにしました。

 

基本的なルールは『中国麻雀 - Wikipedia』や『東方キャラによる中国麻将の紹介ページ(仮題)』を参考にしたんですけど、日本麻雀が打てる人なら81種類の役を覚えるのが最優先なのでizumickさんからいただいた役一覧(PDF)をプリントアウトして暗記しました。

 

麻将世界への登録方法も大堀龍一さんの『日本語利用者のためのオンライン対局案内』を参考にすれば中国語がわからなくても大丈夫です。(何でもわからないことはTwitterで質問すれば誰か教えてくれる。)

 

実際に打ってる様子などはTwitterメディア)をご覧ください。(たまに配信でも打ちます。)

 

 

別に「こういうルールの麻雀もある」というだけで「どうしても流行らせたい」とかではないですけど、興味がある方は試しにやってみてはいかがでしょうか。

 

 

【追記】

4月29日現在、麻将世界への登録ができない状態になっているようです。

今後の動きがあり次第、報告させていただきます。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月10日(火)

あけおめ

テーマ:雑記

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 

昨年から仕事も忙しくなり、このままフェードアウトしていく可能性もあったんですけど、なんとか時間を見つけて活動を続けていくことになりました。

 

 

ということで、僕が今考えているテーマは『麻雀の魅力』と『競技麻雀』です。

 

前者は、『麻雀を打つ人が言う麻雀の魅力は、本当にそれが魅力だったのか?』という問いから麻雀普及について考えていきます。

 

後者は、『麻雀のイメージが悪かったり公益的な活動がやりにくかったりする原因は、賭博だけでなくもう1つある』という、競技麻雀に対する問題提起をしていきます。

 

もちろん調査も行いつつ客観的な視点で書いていければと思います。

 

 

それから、時間があまり取れなくなった代わりに、麻雀での公益的な活動に対して個人的に支援もやっていきたいと考えています。(現時点でその対象がほとんど見当たらないので、僕が賞金を出してプレゼン大会開催とか?)

 

その一環として『骨髄バンクチャリティ麻雀大会2017in大阪』に協賛という形で少しだけ支援をさせていただきました。(もちろん今回だけでなく継続的に支援していくつもりです。)(初の大阪開催でスポンサー集めに苦労しているらしく、寄付ではなく協賛として運営側への支援です。)

 

 

大会への参加以外にも、こういう活動があるということを知っていただけるだけでも意味があるかと思います。

 

 

それでは今年もよろしくお願いいたします。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月20日(土)

麻雀大会の賭博問題

テーマ:麻雀コラム
麻雀大会の賭博問題について書きたいと思います。

(麻雀以外のゲーム・スポーツも含めて)一般的には「大会=競技」であり、「競技=賭博でない」というのは共通の認識であると思います。

しかし、麻雀でもその認識に関しては同じなのですが、実態に関しては当て嵌まらないというのが現状となっています。


まず、麻雀大会が賭博になってしまう理由というのは単純明解で、それは『参加費を賞金に充ている』からです。(それで逮捕される可能性は低いが、警察に大会開催について問い合わせをすれば確実に開催中止を求められる。)

これは賞金が賞品であっても同様ですし、プロとアマの区分も(その競技団体の内部規定の問題であり)関係ありません。

他の競技のように『参加費なし、または実費まで』『賞金なし、またはスポンサーからの提供』であれば賭博にはなりませんが、麻雀でこれをやれているのは竹書房主催の最強戦とマルジャン主催の全国麻雀選手権くらいです。

それ以外のほとんどの麻雀大会(賞金あり)は賭博にあたると考えられます。


では、麻雀大会の賭博問題を解決するにはどうすれば良いでのしょうか?

まず、絶対条件が『参加費を引き下げる』ということです。

現状の麻雀大会の参加費は3000~4000円ならまだ良心的な方で、プロ団体主催のタイトル戦だと5000~10000円というのが普通です。

これに対して(半荘4回と仮定して)実費なら2000~2500円くらいまで、それ以上の(運営費などの)徴収をするのであれば金額と使い道を明示する必要があると思います。(もちろん賞金に充てることはできない。)

そして、参加費の引き下げを前提とすると、必然的に賞金に関しては『賞金額を引き下げる』か『スポンサーを探す』のどちらか(または両方)になります。


また、賭博による大会運営の問題だけでなく、このような運営方法(高額参加費、高額賞金、スポンサー探しをしない)が麻雀で常識化しているという問題もあります。

これもまた麻雀大会の賭博問題であり、『麻雀の常識を世間並みに引き戻す』ということもやっていく必要があります。
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月06日(土)

競技麻雀の改革案(書きかけ)

テーマ:雑記
【競技麻雀が抱える問題】

・参加費を賞金に充てた大会やフリー雀荘との癒着の問題
・麻雀のゲーム性に対応した競技性を確立できていない問題
・麻雀プロという存在の適格問題
・公式ルールや統括的な組織など(共通の価値観)が存在しない問題


【改革の骨子】

・賭博要素の排除(違法部分の排除と競技要素の確立)
・無秩序状態の打破(公式ルール、統括組織などの確立)
・ライトユーザーの取り込み(ルールや普及の根本的なあり方を見直す)


※これは競技麻雀の改革案であって、麻雀全体の改革案ではありません。(競技麻雀の改革に成功できれば、麻雀自体にも好影響が表れることは自明ですが。)


【具体案】

※これはリアルでの競技麻雀に対する案であり、特定のネット麻雀サイトとは別と考えます。(連携していくのが理想ではあるが。)

順位制の普及
 ⇒点棒制による評価をやめ、順位制(勝ち点制)やトーナメント制に切り替える。
 ⇒目無しの基準を明確にする。(投了という概念を作る?)
チーの廃止(※他に有用なアイディアがあるのなら固執はしない)
 ⇒チーとポンの優先権の問題が消滅する。
 ⇒目無し者はオールツモ切りで対処できるようになる。(オール和了放棄では不公平が出る可能性がある。)
 ⇒ゲーム性がメンゼン重視でシンプルなものになる。
(雀荘以外の)スポンサー開拓
 ⇒まずは『タイトル戦=高額賞金』という固定観念をなくす。(参加費が抑えられる)
 ⇒クラウドファンディングを活用する。
 ⇒グッズ開発を行う。
 ⇒学生など比較的支援を受けやすい存在をフリー雀荘から隔離させる。
子供への普及活動
 ⇒雀荘以外で麻雀を打つ方法を多方面に模索する。
 ⇒まっとうなNPO活動を支援する。(現状では不適格なものが多い。)
 ⇒アプリゲーム用やカードゲーム用の簡易麻雀ルールを開発する。
協議会の設立
 ⇒麻雀プロを統一したり全廃するのは不可能なので、公に開かれた協議の場を設ける。
 ⇒これを麻雀プロ団体の上部組織として位置付ける。(競技麻雀に対する責任を担わせる。)
 ⇒出席者の半数は麻雀とは無関係な識者とする。(ただの有名人では無意味なので企業経営者など、スポンサー対策も兼ねる。)
リアル麻雀をネット麻雀に近づける
 ⇒レーティング(競技麻雀全体で1つの評価基準)の導入
 ⇒リアルの対局の一部をネットに移行
 ⇒対局者視点の多元配信の確立(ヘッドホン麻雀的な配信)
オープンな競技会
 ⇒雀荘とは別の枠組み(風営法の適用外もしくは)の碁会所・将棋道場のような形態を目指す。




まだ全体的に書きかけです。。。
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年01月17日(日)

新・多面張理論(補足3)

テーマ:麻雀コラム
多面張理論における手牌の認知法について説明をしておきます。

これは多面張理論の思考法でもありますので、参考にしていただければと思います。


例えば以下のような手牌があった場合、

二索二索二索三索四索五索六索
      ↓
二索二索二索 三索四索五索六索 ⇒3・6待ち
      ↓
二索二索 二索三索四索五索六索 ⇒1・4・7待ち

というように待ちを見抜くのが一般的ですが、多面張理論とそれ以外のやり方では「暗刻部分を『暗刻or順子にみなす』か『暗刻or雀頭にみなす』かの違いでしかない」と思う人も多いかもしれません。


多面張理論では手牌を以下のように(『暗刻』『最小単位の待ち』『その他の順子』の3種類のパーツに分けて)認知するという部分が違います。

※『その他の順子』とは、『待ちを伸ばさない順子』と『(パターンB・Cが重複する手牌の場合に)ノベタンで待ちを伸ばさない順子』のことです。(ピンズとマンズの手牌例を参照)

二索二索二索三索四索五索六索
      ↓
二索暗刻】 (三索六索単騎)

【】:暗刻
():最小単位の待ち

暗刻の部分を(何も考えずに)順子にして何待ちになるのか確認するのではなく、暗刻と最小単位の待ちの関係から「どの暗刻と複合形ができるのか?」「複合形の待ちがどのスジでできるのか?(順子が待ちを伸ばしてないか?)」「複合形が新しい最小単位の待ちにならないか?」という見当がつけられるのが多面張理論の特徴です。

手牌の認知で見当をつけられれば、複雑な手牌でも正確に(複合形の)待ちを見抜くことができます。


単純な手牌ではその違いがわかりにくいので少し複雑にします。

二筒二筒三筒四筒四筒五筒五筒六筒六筒七筒七筒七筒七筒
      ↓
                            【七筒暗刻】
二筒単騎) 二筒三筒四筒 四筒五筒六筒 五筒六筒七筒

最小単位の待ちが2の単騎で234と567の順子が5・8まで待ちを伸ばし、7の暗刻との複合形で3のカンチャン待ち(456の順子が距離をつないでいる)。


二萬二萬二萬三萬四萬四萬四萬四萬五萬六萬六萬七萬八萬
      ↓
二萬暗刻】 【四萬暗刻】
      (三萬六萬単騎) 六萬七萬八萬

最小単位の待ちが3・6の単騎で678の順子が9まで待ちを伸ばし、2の暗刻との複合形で1・4・7のリャンメン待ち(456の順子が待ちを7まで伸ばし、4は4枚使い)、4の暗刻との複合形で2・5のリャンメン待ち。


一索一索一索三索三索三索四索四索五索五索五索六索七索
      ↓
一索暗刻】 【三索暗刻】 【五索暗刻】
             (四索四索 六索七索リャンメン)

最小単位の待ちが5・8のリャンメンで、5の暗刻と待ちが重複するから複合形で雀頭の4もシャンポン待ち。(1・3の暗刻とは複合形は作らない。)

複合形を新たな最小単位の待ちとみなすと、

一索暗刻】 【三索暗刻】 (四索四索 五索五索シャンポン) 五索六索七索

3の暗刻との複合形で3・6待ち(3のみが単騎)。(1の暗刻との複合形は作らない。)

複合形を新たな最小単位の待ちとみなすと、

一索暗刻】 (三索単騎) 三索三索四索四索五索五索 五索六索七索

1の暗刻との複合形で2のカンチャン待ち。


⇒新・多面張理論『概要補足1補足2・補足3』
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。