ヴァンガ道路

株式会社ブシロード様より発売中のトレーディングカードゲーム「CARDFIGHT!! ヴァンガード」について綴るブログ。


テーマ:
遅くなって申し訳ありません。最後に扱うのは後列攻撃、それからどの分類にすべきか分からなかった《海溝哨戒の巨人兵》系列です。

■後列攻撃 2種

戦場の歌姫 スタシア

○相手に9000以下のリアガードがいれば、ダメトリを引かせずにシールド要求できる。後続のアタックで立て続けに消耗させやすい
○《ランブロス》と両立可。Gガーディアン等で前列を潰されてもケアできる

×ヒットが狙えるかは相手次第。普通にブーストもできるとはいえ、その場合はただの6000
×自身の同列には11000以上を置かないと有効打が繋がりにくい。左右列では活躍しづらく、デッキ構成も縛られがち
×確実なヒットを狙うためには1回目にアタックせざるを得ず、ストームライダー系列や一部の「連波」とは噛み合わない

総評:後列からのアタックはインパクトこそ大きいが、しっかりヒットさせるためには工夫が必要


蒼波竜 サブマージ・ドラゴン

○標準値である7000なので、《スタシア》に比べブーストとバトル稼ぎの切り替えに無理がなく、左右列に置きやすい
○G2以下で、バトル稼ぎにコストを使わない唯一の「蒼波」。名称統一なら価値が上がる

×補助なしでのヒットは狙えない。《キモン》は1ターン限りでコストが重く、《アンガーボイル》の超越ボーナスや《アルティオム》だと10000止まりなのが惜しい
×現時点では「蒼波」Gユニットの超越が必須。プレイの選択肢が狭くなる

総評:他力本願だが足手まといにはなりにくい


■《海溝哨戒の巨人兵》系列

海溝哨戒の巨人兵
音速の水将 ネクタリオス
バイオレント・シューター

○《海溝哨戒》と《ネクタリオス》は単独でヒットを取りつつ、バトル稼ぎもこなせる。発動時は味方の量にも質にも左右されない
○同系列のカードを連鎖的にコールできれば、一ヶ所の(R)から3回以上アタックできる

×発動後の縦列が前G0~1、後G1になることがしばしば。ただ成功するだけではダメ
×基本的にブーストが必須な《バイオレント》は使いにくい。しかしこの系列を用いるなら、《バイオレント》も採用しておかないと、G1同士の列が出来た場合に困るというジレンマ
×連波はSBだらけでコスト競合が避けられない。それでも可能な限りの採用が必須で、デッキ構成の幅が狭い上に無理が出やすい
×単体で11000に届く連波持ちは条件が厳しく、ヒットを繋ぐためには結局ブースト役の配置を求められてしまう。ここでも《バイオレント》が足を引っ張る
×トリガーを連波で統一できない現時点では、成功率が100%にならない。(V)もろとも機能停止しうる

総評:失敗が許されないゴールドパラディンのものまね


■おわりに

すっかりおなじみとなった後列攻撃は、アクフォが元祖(漫画版ではエンフェでしたが)。使用感覚は位置交換に近いものの、(V)裏でも機能し、呪縛への回答にもなることから、汎用性が大きく上回っています。自己スタンドもそうですが、位置交換の立場が厳しすぎませんかね…。

そして、新たなバトル稼ぎの可能性を示してくれた《海溝哨戒》系列。お世辞にも使い勝手が良いとは言えないものの、擬似的なスタンドが可能で、コール先の能力次第では自己スタンド以上の効力を発揮してくれます。
今後、ある程度狙ったカードをコールできたり、コール先のパワーを補強するようなユニットが追加されれば、とても面白い動きができそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ワタグチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。