ヴァンガ道路

株式会社ブシロード様より発売中のトレーディングカードゲーム「CARDFIGHT!! ヴァンガード」について綴るブログ。


テーマ:

リンクジョーカーとЯユニットが勢力を拡大する一方、独自の戦略を貫くアクアフォース。
リンクジョーカーの「呪縛」に対し、攻撃回数を参照するアクアフォースで対抗するのはとても厳しいですが…。新たな切り札《蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン》が持つ可能性を信じて、デッキを組んでみました。



ヴァンガ道路-蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン


■8:グレード3
3:蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン
2:蒼翔竜 トランスコア・ドラゴン
3:ストームライダー ディアマンテス

■11:グレード2
3:双撃のブレイブ・シューター
4:タイダル・アサルト
4:コーラル・アサルト

■14:グレード1
2:ティアーナイト テオ
4:遊撃のブレイブ・シューター
3:ホイール・アサルト
3:翠玉の盾 パスカリス
2:発光信号のペンギン兵

■17:グレード0
1:バブルエッジ・ドラコキッド(FV)
4:パワー5000のクリティカルトリガー合計4枚(☆)
4:スーパーソニック・セイラー(☆)
4:戦場の歌姫 マリカ(引)
4:ヒールトリガー(治)


現在活躍中の《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》や《撃退者 レイジングフォーム》をはじめ、連続攻撃できるヴァンガードは他のクランにもいますが、アクアフォースは攻撃回数を参照するクランなので連続攻撃のサポートが豊富にあり、カードの組み合わせによってまったく異なる戦い方ができます。

第一に、リアガードでも連続攻撃できること。
《ストームライダー ディアマンテス》→交代先のユニットで5000要求の攻撃を2回行う流れは相変わらず強力で、そこに《テトラドライブ》の連続攻撃が加わると恐ろしい勢いで相手を追い詰めることができます。
また、今弾で追加された《タイダル・アサルト》も《ディアマンテス》に劣らない性能を持っており、グレードの違いから両者を共存させることも容易で、これまでよりも安定して攻撃回数を増やせるようになりました。

第二の違いは《蒼翔竜 トランスコア・ドラゴン》。
《テトラドライブ》にブレイクライドすれば、《テトラドライブ》が攻撃する度に相手は手札を捨てなければならず、リアガードの連続攻撃も合わせると防ぎきるのは困難を極めます。
ユニットを並べるのが優先なので毎回ブレイクライドを狙うことはできませんが、もし決まれば勝ち確定と言ってもいいでしょう。

そして第三に《バブルエッジ・ドラコキッド》。
《タイダル・アサルト》と組み合わせることで2枚のドローをもたらし、そのコストは自身のソウル移動だけという破格のアドバンテージ源です。
他のクランも含め、ファーストヴァンガードは自身をコストにカード1枚分のアドバンテージを得る「1:1交換」が基本なので、《バブルエッジ》を採用するだけで他のデッキより一歩リードしていることになります。


■このデッキの使い方

理想の陣形は以下に記しますが、無理して狙わず、その時の持ち駒で16000ラインを作っていきましょう。序盤から攻撃していかないと、ダメージレースで出遅れてしまい、リミットブレイクを発動させても逆転できない危険性が高まります。

中央列:《テトラドライブ》+5000以上のブースト
リアガード列1:《ディアマンテス》+攻撃時パワー11000以上のユニット
リアガード列2:《タイダル・アサルト》+7000以上のブースト

この陣形が完成すると、リアガードで4回目の攻撃をした時点で、スタンドした《テトラドライブ》と《タイダル・アサルト》の2体が続けて攻撃できます。
《バブルエッジ・ドラコキッド》を《タイダル・アサルト》に使っておけば、2枚ドローでき、連続攻撃と合わせてさらにアドバンテージを得られます。

《ディアマンテス》か《ホイール・アサルト》と《タイダル・アサルト》が揃っていなければ、《テトラドライブ》がスタンドした時にはもう攻撃できるリアガードは残っていないことに注意。2度目の攻撃を完全ガードされると、《テトラドライブ》のパワーがどれだけあっても、引いたトリガーごと無駄になってしまいます。

なので、《テトラドライブ》の初撃でトリガーを引いたら効果はリアガードに与え、そちらのガード要求値を上げた方が効率が良いです。《ディアマンテス》の交代先が《双撃のブレイブ・シューター》でなければ、ブーストも《テトラドライブ》の初撃につけましょう。


■カードの枚数について

・グレード3

3種類とも重要なカードですが、だからといって全部4枚積むのは無謀なので絞りました。優先順位は《テトラドライブ》と《ディアマンテス》が同じくらい、《トランスコア》は引けなくても問題ないという感じです。

・グレード2

《タイダル・アサルト》は攻撃回数を増やすだけでなく、相手ヴァンガードがパワー9000以下なら単体→ブーストつき攻撃で5000要求を2回でき、アドバンテージを得られます。
現在流行っているデッキにはグレード2の10000ユニットが入っていないことが多いので、序盤から活躍しやすく、2枚リアガードに出ればその時点で致命的な差がつくこともあります。《バブルエッジ》で2枚ドローするためにも必要ですし、間違いなく4枚確定ですね。

《双撃のブレイブ・シューター》と《コーラル・アサルト》は《ディアマンテス》の交代先。《コーラル・アサルト》の方が条件を満たしやすいのでこの配分にしています。
《双撃》と《ディアマンテス》を両立する場合、この2枚は同じ列に置くしかありませんが、《コーラル・アサルト》はもう一方の列に置いても問題ないため、《発光信号のペンギン兵》やトリガーユニットのブーストでも16000ラインを作れます。

・グレード1

前列でも後列でも活躍する《遊撃のブレイブ・シューター》は4枚確定。
同じグレード1に殴られにくい《ティアーナイト テオ》も攻撃とブーストを兼ねやすく、手札に関わらず攻めにいけるのでこのぐらいは入れておきたいところ。

《ホイール・アサルト》は《ディアマンテス》を引けているなら不要ですが、コストが必要な分、自由度が高くなっています。
例えば、《遊撃のブレイブ・シューター》で攻撃→別の列にいる《ホイール・アサルト》でブースト、能力で《遊撃》とその後ろの11000ユニットを入れ替える→交代先のユニットで攻撃、次のターンは《遊撃》をブースト役にする…という使い方ができます。
能力を使わなくてもブースト役として不足ないパワーを持ち、入れておくと思わぬ場面で役立ちます。

残りの枠は《ペンギン兵》と《パスカリス》で穴埋め。
どちらも序盤では使わないので、この枚数で足りている印象です。

・グレード0

ファーストヴァンガードはもちろん《バブルエッジ・ドラコキッド》。
準備が整うまでは能力を使えないので、複数採用すると却って事故の原因になります。1枚で十分です。

トリガーは、単純にアドバンテージの大きいヒールと、能力持ちドローの《マリカ》が4枚。
《マリカ》で強化すれば10000以上の相手にも《タイダル・アサルト》で2回攻撃したり、《ディアマンテス》をクロスライドに届かせることができます。これを使わない手はないでしょう。

残り8枚はクリティカル。
《テトラドライブ》の二撃目を完全ガードされると無駄になりますが、それを嫌ってスタンドを入れると今度は別の問題が生じます。

《ディアマンテス》と《双撃》が一列に並んでいると、《テトラドライブ》は初撃でブーストをつけるわけにはいかなくなり、そこでスタンドを引くと起こす対象が後列に下がった《ディアマンテス》しかありません。
だからといって《双撃》を抜くと、今度は代役を選ぶのに一苦労することになります。《光学小銃の巨人兵》は《ディアマンテス》にライドしてしまった時のリスクをさらに高めてしまい、《アビサル・スナイパー》は相手の対応次第でパワーアップができず不安定です。

どちらにも欠点がありますが、基本的に使い勝手はクリティカルの方が良く、《スーパーソニック・セイラー》があることもクリティカル採用の決め手になりました。
リミットブレイクの回数を増やす以外にも、《テトラドライブ》をパワーアップさせて強引に突破したり、《ホイール・アサルト》を積極的に使えるようになるなど、様々なメリットがあります。


■おわりに

このデッキに限らず、今後アクアフォースを使う上でリンクジョーカーは無視できない存在です。
が、実際に戦ってみると、意外なことに結構勝てました。

リンクジョーカーはアドバンテージを稼ぐ手段がリミットブレイク以外に乏しく、それに対してアクアフォースは早い段階から連続攻撃やドローを使えるため、《カオスブレイカー・ドラゴン》でも取り返しきれない差がついて押し切れる試合が多かったです。
4回攻撃の条件を満たすのが困難であることには違いありませんが、絶望的に不利だとは思えませんでした。

書きたいことが多すぎて長くなってしまいました…。
ここまで読んで下さった方は、少し目を休めましょう(^^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード