2012年08月04日(土) 12時32分21秒

【LOL】 大陸・中国鯖やってみた 【League of Legends】

テーマ:League of Legends
 どうも、今回は講座ではなく、ただの記事です。

 League of Legendsの中国サーバーにお邪魔してみました。
 名前は 「 英雄联盟  League of Legends 」 という名称で存在します。

 英雄联盟と書いてLeague of Legendsとでも呼ぶのでしょうか、はたまた ヤンシャォンレェィメェン(yīng xióng lián méng) のような読むのしょうか・・・・・・
 直訳すると英雄連盟?英雄同盟?のようなニュアンスだそうです。


 取り合えず、知人の勧めで一応ダウンロードをして起動しました。

0 or all-china_LOL01

 ふむ、ログイン画面は大差ないですね。

 ちなみに大陸LOLでは QQのIDとPASSでログインできます
 QQはSkypeの上位互換のようなもので、中国製ではありますが、すごくかゆいところに手が届く優れたIMソフトです。(Skypeをライブドアが提携して配布していた頃かそれ以前頃から使っていた私が言うから間違いない)

 たしかTencent QQを運営している騰訊公司が3.5億ドル~4億ドルとも言われる金額でRiotのLeague of Legendsを買収していたと思うので(記事を目にしたことがあるので)、QQとLeague of Legendsの関わりは深いです。(もしかすると買収でなく、中国国内における権利かもしれない・・・・・・あやふやな情報で申し訳ないです)

 そんなこんなで中国ではQQのID・PASSでログインできるのでしょうね。
 どうも中国のオンラインゲームでは結構あるそうです。

 話は戻りまして、League of Legendsログイン後のところからはじまります。
 ログインするとサーバーを選びます。EU鯖や北米鯖といったサーバーではなく、「英雄联盟  League of Legends」の中に鯖が複数あるのです。

 さすが人口の多い中国です。数えてはいませんが10個近くあったように思います。
 そして、鯖毎に互換性がないので、鯖が変わるごとに新アカウントのようになってしまいます。A鯖だとレベル30だけどB鯖だとまたレベル1からで、チャンピオンも持ってない状態です。
 もしかすると人口が多いせいでなく、単に経営・運営方針のせいかもしれませんね。
 
 しかし、本家よりアイコンがかわいかった・・・・・・

0 or all-china_LOL02


 アイコンだけでなく、チャンピオンの絵(デフォスキン・スキン絵)も結構な枚数で違いがあるので、大陸のLeague of Legendsも楽しめそうです。

 EUや北米などのLeague of Legendsを問題なくプレイしている方は向こう側でも特に不自由しなさそうです。(ただしオプションを除く)
AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード